AGA治療するため病院へ行くのが恥ずかしいけどどうしてる?

agaで病院にかかるのを恥ずかしいと思う人も少なくありませんが、恥ずかしさの原因の1つは病院で他の患者さんと顔を合わせなくてはいけないという事があります。

agaを治療している病院の中にはこういった気持ちに配慮して、完全予約制で診察や治療を個室で行っているところがあります。他の人に全く会わずにすむため、恥ずかしさを感じずにすみます。

他の患者に会わなくても女性看護師がいるところだと恥ずかしさを感じるという場合には、男性のスタッフだけ勤務しているところもあるので安心して治療が受けられるようになっています。また事前にメールで相談できるところもあり、病院に行く前の不安を軽減できます。

agaの治療は基本的に自由診療になります。保険証が不要なので自分の姓名や勤務先などを明かさずにすみます

自分が誰か相手に知らせずに治療を受けることも可能なので、あまり恥ずかしくありません。また保険証に受診記録が記載されないので、会社にもagaの治療を受けていることを知られずにすみます。

ただし頭皮に湿疹ができているなど他にも薄毛になる原因があればその治療は保険診療となるので、受診するときには保険証を持参しておいたほうが良いでしょう。

agaは放置しておくと進行していく脱毛症です。進行を止め髪の毛を増やすためには、早めに治療を受けたほうが効果があがります。進行すると活動している毛根の数が減ってしまうので、それだけ回復させるのにも時間がかかります。髪の毛を増やしたければ迷っていないで早く治療を受けた方が良いでしょう。

治療は主に男性ホルモンが髪の成長を阻害するのを防ぐ薬の服用ですが、その他にも育毛剤の使用や生活指導を行っている病院もあり薄毛解消に効果をあげています。

カウンセリングを無料で行っているところも多いので、まずは相談してみると本当にagaなのかや、治療にかかる費用、どのくらいで髪の毛が回復するのかなどを知ることができます。