【AGA治療】病院治療にはどのようなリスクがある?

男性の中には薄毛に悩んでいる人も数多く存在することでしょう。その原因となるものには生活習慣や頭皮の衛生状態を始め様々な原因が考えられますが、その中でも最近特に注目を集めているのがagaという病気です。これは男性ホルモンが頭皮付近にある特殊な酵素と反応しあうことによってDHTという物質を出し、これを頭髪の根本にある毛乳頭が感知することによってヘアサイクルが乱れ、健康的な状態にあった頭髪がすでに成長を終えたものと判断して抜け落ちていってしまうのです。こういったagaは特に額の両サイドや頭頂部などの男性ホルモンの影響の出やすいところに症状として現れやすいと言われています。

ただしこのagaは内科や皮膚科、外科、美容クリニックなどでの専門治療によって治療することが可能です。一般的な治療法としては飲み薬と塗り薬の処方が行われ、フィナステリドという成分を含んだプロペシアという錠剤を服用することで頭皮の酵素の働きを抑えてDHTの分泌量を減らし、ヘアサイクルを正常化することができます。ただしこのフィナステリドという成分には副作用のリスクがあり、性欲減退や勃起不全といった症状をもたらすこともあります。他にも鬱病や肝機能障害などのリスクもあり、その可能性はごくわずかながらも患者は医師の指導をよく守って服用することが求められます。

もう一つ、agaの治療薬としてミノキシジルという成分を含んだ塗り薬があります。これは薄毛部分に塗ることによって頭皮の毛細血管を拡張させることができ、そうやって血流量が上昇するのに合わせて栄養分の補充も過不足なく行われ、agaの薄毛を改善する手助けとなるのです。ただしこのミノキシジルの使用にもリスクがあります。もしも低血圧の人が使用するとますます血圧を下げることになるので命に危険が及ぶこともありえます。さらに血めぐりが良くなることによってニキビや湿疹、その他のかゆみ、息切れなどが生じることもあります。また、血圧が下がることによって性欲減退や鬱病のような症状をきたすこともありますので、もしもこれらに該当する場合にはすぐに医師に相談することが求められます。

AGA治療の第一人者MSDのサイト